大陵苑は新羅王朝の王や貴族の大規模な古墳群

慶州に行くと新羅の古跡群のなかで最も規模が大きい古跡群である。 1973年公園に造成され3万8千坪の苑内に23基あまりの陸墓が密集しており、慶州を訪れる観光客は必ず尋ねる名所。

特に既存の美醜王陵地球が1960, 70年代に耳目をひくようになりながら大大的学術発掘が果たして'大陵苑'という古墳公園で整理されたことで,こちらには美醜王陵,皇南大塚,天馬塚などの新羅古墳が密集している。

 

大陵苑中の古墳は新羅王と貴族たちの陵墓に推定されているし外形上では大部分原型峰土粉(円形封土憤)になっているが,ピョヒョングブン(瓢形憤)の夫婦合掌の双墳(皇南大塚)もあり,内部構造はいくつかの古墳の発掘結果新羅特有の積石木槨憤であるのに推定されている。
天馬塚(チョンマチョン)の発掘は1973年4月6日から12月4日まで進行された。 当時,皇南大塚を発掘する前,練習みなして,発掘作業が始まったが,発掘してみるとその内部は世の中が沸きかえられる程の驚くべきだった。
 きらびやかな新羅文化の宝物倉庫が千年ぶりに陽光を見ることになったのだ。

まず、天馬塚(チョンマチョン)は古墳の築造方法を分かるようにする忠実な見本になった。
先に地をならして木郭が置かれるところを深く40cm程度で掘った後,おとなの頭大きさの川の石を敷いたし,全体に粘土を固めて,厚さ15cm程度の基礎を作った。
そしてその上に幅50cm,高さ約40cmで川の石を敷いて,
添え木を作って,その上に東西6.6m,南北4.2m,高さ2m大きさの木郭を置いた。 木郭は結局地上に置かれることになるわけだ。 木郭の上と周囲には直径23.6m,高さ75mがかなり石を積んだ後,水が内部で入り込むのを防ぐために粘土を20cm厚さで塗った。

郭の中には東西に長く2.15mx1mの木棺を置いたし,
東側の髪の毛の先端で50cm落ちたところにl.8m x 1m 0.8mなる大きさの副葬品木卦を置いた。
出土した装身具の遺物は純金制であり,身分を計ることができる馬具類も今まで出土しなかった珍しいことだった。
 出土した遺物らは5世紀末で6世紀初めの陵と推定される。 特に天馬塚(チョンマチョン)で出土した金冠は慶州(キョンジュ)市内にある金冠塚(クムグァンチョン),金鈴塚(クムニョンチョン)らで出土した金冠より大きくて装飾が一層さらに派手なことだった。 

ご利用案内

慶尚北道 慶州市 桂林路9(皇南洞)

 大陵苑管理事務所+82-54-779-8796
天馬塚+82-54-743-1925
休みの日 : 年中無休
利用時間 : 9:00~22:00

ホームページ

慶州文化観光
http://guide.gyeongju.go.kr(日本語)
文化財庁
http://www.cha.go.kr (日本語)

行き方         

 * 慶州⇒大陵苑
新慶州駅出発:50、 51、70、座席700番バス利用⇒

慶州高速ターミナル下車⇒大陵苑まで徒歩約8分

 

アクセス
 釜山市 蓮提区 摩谷川路 54 蓮山洞 現代Hometown 102-105号

お電話
 Tel: 81-10-5290-8508

Fax: 81-51-802-9118

Copyright 2003 Busantabi.com All Rights Reserved.

連絡先
 info@busantabi.com

LINE: busantabi1

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon